ダイレクトメール発送の効果を高めるには

記事一覧

2017年07月27日
ダイレクトメールの代行発送は人件費削除も可能を更新。
2017年07月27日
ダイレクトメールを発送する利点についてを更新。
2017年07月27日
ダイレクトメールの発送代行で時間を節約しようを更新。
2017年07月27日
ダイレクトメールの種類と代行発送のすすめを更新。

カレンダー

2018年6月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

購入頻度によって使い分ける

ダイレクトメールの発送に名前と住所が必要となるので、顧客リストを集めることになります。そして、顧客リストが集まったらセグメントをします。また、ダイレクトメールの発送には名前や住所だけでなく、性別や職業で分けることも多いとされます。他にも、購入頻度によって分けることが多く、購入頻度により購入リストを分けます。
その上、来店したときの平均単価や年間にどれくらいの金額分を購入しているかの度合により、顧客リストを分けることもあります。ちなみに、ダイレクトメールの発送ではセグメント分けに従い、ダイレクトメールに書く内容や特典を変更することななります。なぜなら、一度来店したことがある人にクーポンとダイレクトメールを一緒に発送すれば効果が高まるからです。けれども、何回も来店して購入してくれるお客様にクーポンを送っても、特に効果はないとされます。
よって、ダイレクトメールの効果を高めるには、セグメントをしたリストを元にしてお客様にどのような特典を用意するかが大切となります。そのため、優良顧客にダイレクトメールを発送する場合は、特別感のある優待券やプレゼントでアピールするのが重要となります。ダイレクトメールの発送による効果を高めるなら、顧客リストを集めてセグメント分けしたら、内容や特典をセグメント分けに従って変更するのが基本となります。

情報収集がカギを握る

ダイレクトメールの発送は、発送料だけでなくデザインや企画に拘ることができるので、チラシや新聞折込みより結果的に費用が掛かる傾向にあります。けれども、ダイレクトメールの発送において、コストを抑えるために広告郵便物として承認を得ることが必要になります。同一内容の郵便物を同時に2,000通以上出すなら、広告郵便物として申請をすることができるので、承認を得ると料金が8~44%割引きされます。また、ダイレクトメールの発送はチラシと違って、名前や住所の情報を取得することが必須となります。
ちなみに、チラシは住所を知らなくてもポスティングできますが、ダイレクトメールは情報を収集する手間が掛かります。とはいえ、ダイレクトメールの発送では対策として、メンバーズカードや会員登録で情報収集を行う方法があります。なので、ダイレクトメールの発送の手間を省くなら、営業から顧客の情報を取得するのがポイントとなります。
なぜなら、多くの店舗や企業では、メンバーズカードや会員登録を促して情報収集を行っているからです。ダイレクトメールの発送には、デメリットとしてコストが掛かりやすいのと、名前や住所の情報を取得する必要があることです。けれども、ダイレクトメールの発送のデメリットにおいて、広告郵便物として承認を得たり、会員登録で情報収集することで対策を施すことが可能となります。

お電話でのお問合せは平日月曜日から金曜日までの9時~19時まで受付中です。 DMパックならDMが初めての担当者様でもOKです。 メールでのお問合せは24時間受付中です。 DMパックでは、郵便料金が最大で44%オフになります! ダイレクトメールのデザイン制作、申請手続き、発送代行までOK。ダイレクトメールの発送はDMパックならまるごとお任せ!

更新情報

ダイレクトメールを発送する利点について

効果的な集客ができる ダイレクトメールとは、新商品やサービスの案内情報を記載したメールを多数送る、メール版の集客チラシ…

詳しくはコチラ

ダイレクトメールの発送代行で時間を節約しよう

ダイレクトメールは新しい告知方法 新しい商品のPRや、店頭でおこなう販売促進イベント、あるいはセールなど、あらゆる商売…

詳しくはコチラ

ダイレクトメールの種類と代行発送のすすめ

コスト削減ができる ダイレクトメールの発送は郵送するのが主流でしたが、最近ではEメールを利用してダイレクトメールを発送…

詳しくはコチラ